Search this site
WebMoney ぷちカンパ
独断と偏見によってだらだら本やら音楽やらを語るページ(少々ムラあり)。
旬のものに限らず、古いのがいきなりでてきたり。
<< 血界戦線 6 ─人狼大作戦─ (ジャンプコミックス) | TOP | TIGER & BUNNY SPECIAL EDITION SIDE TIGER [最終巻] (初回限定版) [Blu-ray] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | - | | - |
RDG6 レッドデータガール 星降る夜に願うこと (カドカワ銀のさじシリーズ)
 
 最終巻です!
 帯にアニメ化って書いてあって驚きましたが。
 アニメのイラスト、中学生の泉水子に前髪があるのがすごく気になります…。


 本編は、高柳との決着と、世界遺産についてのことと、姫神のこと、高校生たちの少し先の未来の希望とか。

 文化祭が終わり、泉水子が審判者に選ばれたことに異議を申し立てる高柳と、あらためて場を設けての決着。
 生徒会主導のクリスマスパーティ。
 そして冬休み。


 自身が早死にすると思っている真夏と泉水子の会話は、少しせつないです。
 救いはありますけれども。


 物足りない感もなくはないですが、泉水子も深行も真響も真夏も、高柳にすら、わるくない終わりなんじゃないかなと思います。
 真澄や和宮もとりあえず登場。
 紫子や雪政、大人組も。


 恋に関しても、いちおう決着。
 さきはいろいろありそうですが、かわいいところにまとまったなと。

 紫子と雪政との関係になんとも心が躍る私は、彼らの番外編を求めてやまないです。
 未来を変えるために自分の生まれる過程をいじってきた姫神は、もしかしたら父親さえ変えているのではないかとか妄想。
 (それが可能だったかどうかは憶えていないので、近いうちに一巻から読み直してみます)



 アニメに関しては、過度な期待はせずに視ようとは思います。
 スタッフさんにはがんばってほしいですが。
 (残念ながら、私はあのアニメ版『西の善き魔女』の惨状を忘れてはいないんだ…)

 
posted by ゆう | 小説・一般 | 19:27 | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | 19:27 | - |
この記事のトラックバックURL
http://fh2009.jugem.jp/trackback/463
トラックバック